住宅地開発におけるコンセプトワークとランドスケーププランニング


Rainbow Leaves
小公園の計画、設計(上尾市内)


計画地は約4300m2、33戸の平坦な住宅地開発である
公園は住宅地のほぼ中央に位置する160m2程の小さな公園となる 
住宅地内の広場として位置づけるため、道路とイメージを一体化した空間デザインをめざした。
車道部は通常のアスファルト舗装でコンクリート側溝が縁取る形態となる。
そこで公園内の舗装も車道とのイメージの連続性を考慮しモノトーンな色合いとしてかつ側溝のイメージも公園内にも取り込むデザインとした。
これにより公園というよりも道路広場のようなイメージを演出した。
植栽は管理上の要請が常緑樹で大きくならないもの、かつ地域的制約からビャクシン類が不可という事であった。
そこで中木はビャクシン類以外で葉色を楽しめるコニファーとし、低木類も常緑のカラーリーフとした。
赤、緑、黄色、ブルー系他など多彩な色合いの葉を一年中楽しめる広場としてRainbowLeavesというコンセプトとした。
アクセントとして飾り玉を植栽地コーナー部に設置し車止めも同様のデザインのものを配置した。
公園灯はLED灯で広場のイメージに合うようなティアドロップ型のコンパクトなものとした
住宅地の沿道部もカラーリーフによる植栽、飾り玉を施し街全体のイメージ演出を図りたい。

 

竣工写真
公園名はコンセプトに基づき「虹の葉公園」となった。
透水舗装は事業主の意向により暖色系に変更




公園のコーナー部にオブジェとして「飾り井戸」を設置した場合の街並パース 


その他の事例
□Node town近郊駅前開発のランドスケープ構想

□Fuison City既存集落との融合をテーマにしたランドスケープ構想

□ホワイト・コモン(白をテーマにした街角ひろば)

□里庭(農家の庭先をテーマにした住宅隣接地開発)

□レインボー・リーブス(コニファー・カラーリーフによる街角ひろば)

□さくら・コモン(水とさくらをテーマにした住宅地開発)

□新・田園都市(新・田園都市をテーマにした住宅地開発)

□ハーブリック・タウン(ハーブとレンガをテーマにした住宅地開発)

□ブルグ構想(ドイツの小さな町のランドスケープをコンセプトにした住宅地開発)

□シンフォニック・ステージ(音楽をテーマにした住宅地開発)

□フェアリー・ヴィレッジ(妖精をテーマにした住宅地開発)

□曲線路の街並 (道路車道部を曲線にした住宅地開発)

□森のリ・デザイン(既存樹木を活用したマンションのランドスケープ)

□小伝馬町の光庭 他(マンションのガーデンデザイン)

[造園企画・設計]
(有)グリーンサイト :〒135-0011 東京都江東区扇橋2-21-3
TEL/FAX: 03-3645-6951 Mail: office@green-site.com
copyright (C) 2002 greensite.co All rights reserved.