マンションのガーデンデザイン

グリーンパーク小伝馬町の光庭
発注者:轄笂産業

計画スペースは都心形マンションのライトコートである
周囲をマンション及び隣接建築物に囲まれているため都心立地でありながら 比較的静かで落ち着いたイメージの場所であったが メイン通路ではないため印象的なしかけが必要であると感じた
そこで静かさを楽しむ装置として水琴窟を提案した。水琴窟は水が甕底に落ちたときのわずかな音を楽しむものである
庭は大谷石とコンクリート舗装、植栽により現代的な和風ガーデンとしてデザインした


プラン


イメージスケッチ


グリーンパーク茅場町のまいまい井戸
発注者:轄笂産業

計画スペースは都心形マンションのポケットパークで災害時のための井戸を設置することが条件であった そこで「まいまい井戸」をデザインもリーフとした空間を演出した まいまい井戸どは本来中央の井戸に向かい螺旋状に降りていく形態の井戸の総称であるが 今回は中央を下げるのではなく周りに螺旋状の花壇を設置し中央の井戸に向かい花壇の高さが低くなるデザインとした 花壇は道路沿いは自然石の小端積み、内側はレンガとし変化をつけた ための渦巻き状のスロープのある井戸を「まいまい井戸」(かたつむりの形状から) と呼ぶことがあるがこの「まいまい井戸」のデザインをモチーフにした井戸のある広場をデザインした 広場には高低差をつけずにまいまいの形状を花壇でデザインし中心に井戸を設置した まいまい井戸のイメージを強調するため植栽はカタツムリ(まいまい)と連想するアジサイを主体とした


プラン

成城マンションのルート・ファウンテン
[エントランスホールのランドスケープの提案]

計画地には既存の樹木が多く沿道沿いの桜並木は保存する方向で計画されたが内部の樹木の保存は困難な状態であった
造園計画としてマンション中庭をエントランスホールからのビューポイントとしてとらえホールを含めた提案をおこなった。
中庭の中心は地上から湧き上がるような噴水を設け、その周りには噴水を中心に放射状に伸びる石のラインを設置した。
あたかも大樹の根が大地に張り出しているイメージである。その中心から湧き上がる噴水は大樹が地中から水を吸い上げていく象徴とした。
「根の噴水(ROOT FOUNTAIN)」はこの地に根を張っていた樹木のモニュメントでもある。

エントランスホール

ルート・ファウンテン

その他の事例
□さくら・コモン(水とさくらをテーマにした住宅地開発)

□新・田園都市(新・田園都市をテーマにした住宅地開発)

□ハーブリック・タウン(ハーブとレンガをテーマにした住宅地開発)

□ブルグ構想(ドイツの小さな町のランドスケープをコンセプトにした住宅地開発)

□シンフォニック・ステージ(音楽をテーマにした住宅地開発)

□フェアリー・ヴィレッジ(妖精をテーマにした住宅地開発)

□曲線路の街並 (道路車道部を曲線にした住宅地開発)

□森のリ・デザイン(既存樹木を活用したマンションのランドスケープ)

□崩れ石の街並み 他(建売住宅のランドスケープデザイン)

[造園企画・設計]
(有)グリーンサイト :〒135-0011 東京都江東区扇橋2-21-3
TEL/FAX: 03-3645-6951 Mail: office@green-site.com
copyright (C) 2002 greensite.co All rights reserved.