建売住宅のランドスケープデザイン


里 庭
農家の庭先をテーマにした住宅隣接地の修景


対象地は住宅計画地に隣接し、これまで農地として活用されていた場所で、農作業のための納屋が現存している。

またサクラ、ウメなどの花木が沿道、敷地内に点在し春には美しい花を咲かせている。

ランドスケープコンセプトとして現存の納屋を生かした「里庭」を提案したい。

納屋は老朽化しているので周囲に敷地内の常緑樹を主体に移植し、屋根が緑ごしに見えるような景観を演出する。さらにその周囲には河津サクラ、ウメ、サンシュユ、アジサイなどの花木を移植する。 地面は管理低減のため除草シート+砂利敷とするが、シバザクラをイメージして白、ピンク、赤系の化粧砂利を模様として敷き詰める。

また部分的にスイセン、ヒガンバナ、ハナダイコン、ハナニラなど農家の庭先で見かける植物を植えこみたい。 沿道部分の土留めはランダムなイメージのブロック積、または崩れ石積とする。

崩れ石による住宅地エントランス


納屋と里庭

             化粧砂利で芝桜を演出





その他の事例
□Node town近郊駅前開発のランドスケープ構想

□Fuison City既存集落との融合をテーマにしたランドスケープ構想

□ホワイト・コモン(白をテーマにした街角ひろば)

□里庭(農家の庭先をテーマにした住宅隣接地開発)

□レインボー・リーブス(コニファー・カラーリーフによる街角ひろば)

□さくら・コモン(水とさくらをテーマにした住宅地開発)

□新・田園都市(新・田園都市をテーマにした住宅地開発)

□ハーブリック・タウン(ハーブとレンガをテーマにした住宅地開発)

□ブルグ構想(ドイツの小さな町のランドスケープをコンセプトにした住宅地開発)

□シンフォニック・ステージ(音楽をテーマにした住宅地開発)

□フェアリー・ヴィレッジ(妖精をテーマにした住宅地開発)

□曲線路の街並 (道路車道部を曲線にした住宅地開発)

□森のリ・デザイン(既存樹木を活用したマンションのランドスケープ)

□小伝馬町の光庭 他(マンションのガーデンデザイン)

[造園企画・設計]
(有)グリーンサイト :〒135-0011 東京都江東区扇橋2-21-3
TEL/FAX: 03-3645-6951 Mail: office@green-site.com
copyright (C) 2002 greensite.co All rights reserved.